2021年1月8日

『体験からの学び』|いわき|英語学童|アフタースクール

こんにちは。
ドリームラボ代表の小川です。

本日は、『体験からの学び』について書きたいと思います。

 

 

現在、アフタースクール(英語学童)では、

この冬、英語以外にも、挑戦していることがあります。

 

 

それは、お店の応援動画を作ることです。

コロナの影響で、お店の方々も困っています。

じゃあ、「小学生でもできることってなんだろう?」ということで、

お店の応援動画を作成することになりました。

また、2月には、『ぼくたちだからできる地域活性化CMコンテスト』に応募します。

 

 

動画作成までの流れとして、

①取材交渉に行き、取材日を決める

②チームで役割分担する

③取材内容を決める

④取材しながら、動画をとる
⑤動画を編集する

 

 

やることがたくさん。。。

 

 

アフタースクール生は、低学年が多いので、何をするのか、わからず、ぽっかーん(笑)

 

最初は、お店に伺っても、モジモジ。。。

 

あいさつもモジモジ。。。。

 

 

でも、取材の回数が増えるにつれ、劇的な変化が現れてきました!

 

今まで、人前で発表したりすると、顔が赤くなり、だまりがちだった男の子が、

ハキハキとインタビューできるまでに成長したのです。

 

 

 

感動!
ほんと子どもの成長には、驚かされる!

 

 

子どもたちは体験から学んでいるんです。

 

 

学ぶ力を持っているんです。

 

 

親や周りの大人は、失敗しないようにと、あれこれ手を出してしまいがちですが、

失敗させることが大切だと感じます。失敗したら、次はどうしたらうまくいくか、共に考えたらいい。

 

 

うまくいかなかった経験を繰り返し、子どもたちは大きく成長していきます。

 

また、それを温かく見守る環境が、とても重要だと思います。

 

 

 

大人も子どもたちに、たくさん失敗してる姿を見せたらいい。

挑戦しなかったら、失敗もないわけだから。

挑戦している大人の姿は、子どもの目にも、カッコよく映るはずです!

 

 

ドリームラボでは、これからも、子どもたちの挑戦を応援していきます。

また、失敗を繰り返しながら、共に成長できる場を作っていきます。

 

 

 

本日も、最後まで読んでいただきありがとうございます。

よかったら、ドリームラボでの毎日の活動の様子ものぞいてみてください。

 

 

ドリームラボHP

Facebook
Instagram