message
ご推薦者様の声

子どもスクールナビへいただいた推薦者様からのメッセージをお届けいたします。

体験を積み、夢に手を伸ばす子どもが未来に輝く

鈴木博毅

ビジネス戦略コンサルタント鈴木 博毅 様

お子さんを持つご両親が一番悩むのは、いつの時代も教育です。 どんな教育をすれば、子どもの未来が輝くのか。 本人が夢をつかみ、充実した青春にできるのか。 子どもを想う気持ちが強いほど、親にとって悩ましい問題になります。
そんなとき、ご両親には少し視点を変えていただきたいです。 最初から正解を選ばなければ、と焦らないこと。 子どもが習い事で体験するように、親も習い事の選択の過程を学習経験だと考えてみるのです。
子どもに合う先生か、子どもの資質を伸ばせる内容か。その体験と評価から、継続するかほかに変えるかを決めていく。体験・評価・変化という流れは、人生そのものでも重要なプロセスです。
子どもスクールナビは、「親子で学ぶ」を支えてくれるサイトになるでしょう。社会人を長くやると、人はどこかで必ず失敗することがわかります。 挑戦がある人ほど、失敗も多くなることはご両親も十分承知されているでしょう。しかしこの点も、我が子の習い事になると忘れがち。むしろ失敗を糧にして、どうリカバリーをしていくかを、親子で一緒に考えるくらいのほうが、逞しい精神力を養えます。
最後に、子どもを成功させる一番の要因について。私は、歴史研究と現代ビジネスを融合させた仕事をしています。拙著『経営者図鑑』では、大人になって大成功を収めた世界の経営者の自伝や自著を詳細に比較して、彼らの共通点を指摘しました。
大成功した経営者は、大富豪の息子もいれば、貧困で苦しい幼児期を過ごした人もいました。成功に貧富は関係なかったのです。
では、何が成功した彼らの共通点だったのか?それは、親が子どもに与えたゆるぎない愛情でした。両親の場合でも、片親の場合でも、親が子どもにゆるぎない愛情を注いだ家庭から生まれた子どもは、プライドと自尊心、自分は大切な存在だという確固たる想いをもって育ちます。親からの信頼、親から愛された自分という記憶こそが貧富やその他の条件の違いを乗り越えて、子どもたちに夢を実現させる大きな力を与えたのです。
難しい時代だからこそ、豊かな未来を実現するために子どもによい習い事を選んであげたい。 ご両親のお気持ちに、子どもスクールナビは真摯に応えてくれます。みなさまのご家庭で、子どもたちの明るい笑顔が見られることを願っています。

  • 鈴木 博毅

    1972年生まれ。慶応義塾大学総合政策学部、京都大学経営管理大学院(修士)卒。ビジネス戦略、組織論、マーケテイングコンサルタント。貿易商社にてカナダ・豪州の資源輸入業務に従事後、国内コンサルティング会社に勤務。2001年からビジネス戦略コンサルタントとして独立。ビジネス書の著作27冊(営業、組織戦略等)。中国、韓国、台湾、香港、ベトナム、タイなど10数冊が海外翻訳されている。
    日本的組織論の名著『失敗の本質』を現代ビジネスマン向けにエッセンス化した『「超」入門 失敗の本質』は、16万部超のベストセラーとなる。『戦略図鑑』『経営者図鑑』『戦略は歴史から学べ』など著作多数。特定業界で国内シェアNo.1の企業など成功例多数。公的機関の研修・講演実績も多い。

    鈴木 博毅の著書
    • 「超」入門 失敗の本質
    • 3000年の叡智を学べる 戦略図鑑
    • 伝説の経営者たちの成功と失敗から学ぶ 経営者図鑑
    • 戦略は歴史から学べ
    著書一覧ページを見る

未来を生き抜く力

田口信教

ミュンヘンオリンピック
水泳 平泳ぎ100M金メダリスト
平泳ぎ200M銅メダリスト
田口 信教 様

我が子どもが、未来を生き抜く力を養うためには、何を学ぶべきか、悩む親御さんは多いと思います。子どもスクールナビは、「親子で学ぶ」を支えてくれるサイトです。ご活用をお薦めいたします。
衝撃的な予測が仔細に試算される世の中、急速に進化を遂げる人工知能(AI)によって、ロボットがロボットを作り、将来人間が行う仕事の約半分が機械が行い、インターネット・DX化は、国の境界を超え、地球上のあらゆる場所にいる人達との共同作業を可能にしています。このことは、海外の低賃金で働く人材と競うことになります。
心配の種は尽きませんが、最近は「まさか」と思うようなことが連続で起きていると思いませんか。地球上で発生する大地震の2割が日本周辺で起きていると言われ、新型コロナウィルス感染症に、地球温暖化による異常気象。日本は地震や台風に豪雨などが毎年増加し、頻発する災害大国です。
また、30年以内に70%の高い確率で発生が予想される巨大地震が現実になると予測されています。何処で起きても不思議ではなく、想定外の災害が増加傾向にあります。“自分の命は、自分で守ってください!”と行政機関は呼びかけています。
人命への影響は、少ないとは思いますが、命が助かった後、電気や水道が無い生活が心配になりませんか。世の中、便利になった半面、使われなくなった身体能力は退化しています。人に頼らないサバイバル能力を常に持ち付けていたいと願い、日々努力を重ねております。
日本人の65%が運動不足と言われ、歩かないと足腰が弱り、エアコンの普及は体温調整能力などの働きを奪います。その結果、生活習慣病で亡くなられる方が多と言われています。
私が子供の頃は、外で遊ぶことが一番楽しかった。今、家の中でテレビゲームやスマホで遊ぶことが一番楽しい時代のようです。室内での生活では、自然との触れあいがないことで、五感への刺激がなく、体を動かさないことから、基礎的な身体能力が未発達、健康維持にも影響し、汗がかけない子供が増えているそうです。 成長期に身体能力を高めておく事は大人になってからの健康維持、身体能力のキャパシティに大きく影響します。御影で医療が進化でき、お子様の世代は人生100年・長寿命化時代と言われています。
私は、スポーツを通して子ども達に幸な未来を提供したいと思っている人間です。スポーツは技を磨き、心を耕し、人としての魂を磨く場所です。スポーツの有酸素運動は体をリフレッシュさせ、免疫力を上げ、健康増進と心が癒されます。人も楽しませ、笑顔と友達を増やしてくれます。
スポーツは「運」についても考えさせてくれます。運なくしては勝利者にはなかなかなれないことを気付かせてくれました。どうすれば運のある選手になれるのか、神様の立場に立って考えてみました。神が味方したくなる選手とは、自分の進む道を知り、人の幸せを心から祝福し、ライバルを応援出来る選手だと気付かせてくれました。人生、なにを頭に入れるかで、考え方や意識が変わります。そして、行動が変わります。行動が変わると習慣も変わり、人生が変わります。子どもを幸にする一番の要因は、人を思いやる心「恕」を持ち続けることだと思います。
最後に、一回キリの人生、人と同じ事をしていては人生が勿体ない。夢に向かって冒険を!新しい事、難しい事、限界への挑戦なくして新記録も感動も生まれません。焦らず、慌てず、諦めず、侮らず、当てにせず、です。

  • 田口 信教

    1951年生まれ。愛媛県出身。ミュンヘンオリンピック100M平泳ぎ金・200M銅メダリスト。現在、医療創生大学常任理事、鹿屋体育大学名誉教授。愛媛県スポーツ推進審議会会長。愛媛県西条市名誉市民。国際水泳殿堂者(米フロリダ州)。教え子にアテネオリンピック800m女子自由形金メダリスト柴田亜衣などが居る。

ダンスは子どもの心・技・体の成長に有意義です

田口信教

大阪芸術大学舞台芸術学科教授
一般社団法人ストリートダンス協会専務理事
栗原 めぐみ 様

体育授業にダンスが必修化して以来、日本におけるダンス状況が大きく変化しました。日本高校ダンス部選手権をはじめとする「ダンス部の大会」も大小様々開催され、ダンス部が人気を集め中学校、高校ダンス部数が右肩上がりに増え、私共が主催する大会でも年々出場校が増え続けています。 
 ダンスレッスンに通う子供も増加していますが、スタジオ選びに悩まれる方が多いようです。ひと口にダンススタジオと言ってもジャンル、レベル分け、年齢層、スタジオのポリシーなど様々です。特に趣味での習い事なのか、コンテストで勝ちたいのか、プロを目指すのか、で選ぶスタジオが変わりますが、「子どもスクールナビ」ではスタジオの特徴をわかりやすく紹介されているので、一目瞭然です。 
心と体は繋がっています。音楽に合わせて体を動かすダンスは身体性の向上と心の解放が期待され、日常では鍛えられない筋肉も強化されます。また振付を覚えることで脳も活性化され子供たちの成長に有意義なのです。
1日でも早くダンスをスタートするには目的に合うスタジオに時短で出会える「子どもスクールナビ」を推薦します。

  • 栗原 めぐみ

    大阪芸術大学舞台芸術学科教授、宝塚歌劇団・公共型ダンスエンタテインメント『ダンスオペラ』をはじめ、数多くのTV・CM・イベントなどの振付けを手掛ける。

    一般社団法人ストリートダンス協会が行う日本高校ダンス部選手権の様子
    • 日本高校ダンス部選手権
    • 日本高校ダンス部選手権
    一般社団法人ストリートダンス協会

<PR>