ぼくたちだからできる地域活性化CMコンテストの裏側①

  • この記事をシェアする

 

お久しぶりです。

ドリームラボ代表の小川智美です。

本日は、『ぼくたちだからできる地域活性化CMコンテスト』の裏側①(鈴木宇宙編)について書きたいと思います。

 

 

ドリームラボでは、いわき市中心市街地活性協議会から委託を受け、『こどもまちなかラボ』事業を始めました。

これは、地域の大人と子どもたちのふれあいの場を作り、新しいコミュニティーを形成することを目的としています。

 

 

ドリームラボは、いわき駅から徒歩5分のところにあり、ドリームラボの周辺には、たくさんのお店があります。その地域の方々と交流したら、めっちゃ楽しいだろうし。。。

 

 

商店街の方々も、それを望んでいるなんてことを聞いたりしていて。

なんかおもしろいことできないかなぁ。。。。

 

 

そして、実際に活動を開始しようとしたところで、コロナがやってきました!

 

 

どうする?!

 

 

こんな状況だからこそ、コロナで困っているお店を応援しよう!と始まったのが、今回の企画『ぼくたちだからできる地域活性化CMコンテスト』でした。

 

 

カメラマンの鈴木宇宙先生に講師をお願いして、iMovieを使った、動画作成の講座を全10回オンラインで行いました。

 

 

宇宙先生に、作ってもらった動画はコチラ

こども大学リズム動画 – YouTube

 

 

オンラインで講座を進めるにあたり、宇宙先生は、悩んでました。

 

 

まず、受講生は小学1年生から小学5年生。

低学年の子にもわかるように、とにかく簡単な言葉で説明。

毎回の課題も、サンプル動画を作って、視覚的にわかりやすく指示。

 

 

ほんとうに、ていねいに講座を作っていただきました。

 

 

そして、毎回、オンライン講座の後は、私と反省会2時間(笑)

 

 

 

その反省会の中で、私が感じたことは、

宇宙先生が、

どうしたら、

子どもの可能性を引き出せるかを、

第一に考えているということでした。

 

 

下手なワクにハマらないように。

子どもながらの自由な発想してもらいたい

 

 

こういうのは、子どもにも伝わるんですよね。

「宇宙先生って、やさしいよね。」

「宇宙先生って、ちょっと変だけど、おもしろいよね。」
「宇宙先生って、いい人だよね。」って。

 

 

オンライン講座で、実際に会ったことがないのに、高評価(笑)

でも、わかる気がします。

 

 

宇宙先生は、子どもたちにコメントするときは、

「○○なところ、すごいね。いいと思うよ」

「ここのところ、ちょっと工夫してみたら?」と伝え、こうしたらいいよって、絶対、言わないんです。

『デザインってねぇ、正解がないんだよ〜』

 

 

 

学校教育では、『正解』を教えています。

しかし、これからの時代は、『正解』を教えるのではなく、挑戦させることが大切だと感じます。

 

 

うまくいかなかったら、

どうやったらうまくいくか、考え再度実行してみればいいし。

 

 

うまくいったら、

もっとうまくいいには、どうしたらいいか見つければいい。

 

 

今回のワークショップを通して、子どもたちは、以上のことを体験できたのではないかと思います。

 

 

ワークショップの最終日に、子どもたちが、

「これで終わっちゃうの、さびしい。。。」って、

言っていたのが印象的でした。

 

 

みんな、ほんとに楽しい学びの時間を過ごしました。

宇宙先生、4ヵ月間、本当にありがとうございました!

 

 

最後に、子どもたちの力作をYoutubeにアップロードしてありますので、ご覧ください。

 

 

【ぼくたちだからできる地域活性化CMコンテスト受賞作品】
最優秀賞 クラシックストア さくちゃん – YouTube

優秀賞 坂本紙店 もち田先生 – YouTube

優秀賞 hair SPACE サイコロステーキぱいせん – YouTube

 

 

本日も、最後まで読んでいただきありがとうございます。

よかったら、ドリームラボでの毎日の活動の様子ものぞいてみてください。

ドリームラボHP

Facebook
Instagram

 

+24
  • この記事をシェアする